リアルカジノ

依存にご用心!?グランドカジノにはまった友達の話|ニューカレドニア体験談

ニューカレドニアに行ったのは大学の卒業旅行へ行ったときの事です。
ツアーのパッケージの中に100パシフィックフラン分のカジノのチケットがあったこともあり、旅行に行った8人全員で初めてのカジノ体験をしに行きました。

今回はそんなニューカレドニアでのカジノ体験談についてお話ししようと思います。何かの参考になれば幸いです。

ニューカレドニア・グランドカジノの所在地

グランドカジノの雰囲気は?

グランドカジノの入場は無料です。簡単なドレスコードぐらいはありますが、そこまで大したものではありません。外国からの観光客が多い事が印象的で、綺麗なカジノだった記憶があります。
カジノの広さはそこまで広くなく、大きめの一軒家くらいでした。客層は自分たちが一番若い(20歳前後)くらいで、あとは老年の方まで幅広かったです。
また、ドリンクや軽食は少し高めではありましたが、お酒を飲みながらカジノをするのがとても楽しかったです。

カジノに夕方ごろ入店し、それぞれが思い思いに追加のお金を出してチップを購入し、途中お酒や軽食を挟みながら3時間ほど遊んでいました。人によっては何回も追加でコインを購入していたようです。

自分は言語の壁やルールかいまいちわからなかったこともあり、ルーレットやスロットでしか遊びませんでしたが、店員さんは優しいし、店員のうち数名は日本語でも対応してくれました。そのおかげでポーカーや他のカードを使ったゲームでもあそぶことができ、とても楽しかったです。

自分は合計約5万円分程度で遊び、ルーレットがかなり当たって約30万くらいになったことがとても楽しく興奮したことを覚えています。
一方で友人は誰一人勝っている人がおらず、それがわかっていたこともあり、頭の片隅では少し冷静な部分がありました。おかげで負け始めたところで切り上げ25万ほどの価値で終わることができました。

勝っている時は今までの人生で一番テンションが高くなっている状態で、普段はそういう少し高めのところではお酒や軽食を我慢するのですが、友人や同年代の日本の旅行者(知らない方)にも奢りまくり、友人からは人が変わったかのように見えたと言われました。

なお、途中まで勝っていた友人もいましたが、途中から負けがこみ、最終的に10万ほどマイナスになっていたようです。
8人合計でも数万円ほどのマイナスだったこと、自意識過剰かもしれませんが自分一人しか勝っていなかったこともあり少し雰囲気が悪かったように思いました。なのでその翌日の昼、勝った分全てを使って少し贅沢なレストランで全員に奢りました。(8人分だったので25万程度ではカバーしきれず、全員少しずつ追加で払いました。)

おわりに

その時カジノを経験して怖いと思ったのが、旅行中だけでなく日本に帰ってきてからもカジノがやりたいと強く思うようになったことです。

また、一緒に行っていた負けた友人も、カジノで負けた分をどこかで取り戻したいと言う話をしていました。友人のうち一人はそのままカジノにはまって海外旅行へ行くたびにカジノに行っているそうですが、大負けしているようです。
思い出と共に、カジノに行くのであればある程度の自制心が必要になることも学ぶことができた旅行だったと思います。
とはいえかなり楽しかったのでまた機会があれば限度額を決めた上でぜひ行きたいと思っています。